カラダを動かす

スポーツの上達への近道!素早い切り替えのコツは、東洋武術にある

バスケと太極拳の図

こんにちは。

今日は、スポーツを一生懸命がんばっている人へ、第2弾。

新しい考え方を取り入れて、もっと楽に上達してみませんか?

というテーマで書いてみます。

 

私は、小学校の体育教員として、運動やスポーツを指導してきました。

自身も、高校、大学と10年以上、サッカー中心の生活を送っていました。

 

現在は、

散歩、ジョギング、太極拳、ときどき山歩きをしている、のんびり自然派な人間です。

 

一般スポーツは、より速く!より高く!より強く!

みなさんよく知っている通り、

陸上でも、サッカーでも、バスケットボールでも、

 

スポーツで目指しているところは、この3つに当てはまります。

  • より速く
  • より高く
  • より強く

ここまでは、

前回の記事「スポーツでカラダを壊さないために必要なことは?」と同じですね。

 

今回は、

  • よりゆっくり
  • より低く
  • より力を抜いて

を目指す太極拳から、スポーツ上達へのヒントを考えてみたいと思います。

 

 

太極拳には、一般スポーツでは指導されない動きの原点がある

私もまだまだ、太極拳をはじめて1年あまり。

 

しかし、カラダの動かし方については、

「一般のスポーツとは、全く逆の考え方だなぁ」

という気づきがたくさんありました。

 

その度に、目からウロコです。(笑)

 

そのひとつがこれです。

 

素早い方向転換は、太極拳から学ぼう

サッカーや、バスケットボールでは、

前後、左右への方向転換は、速いほどいいですよね。

 

野球やソフトボールだって、

ボールを取ってから投げるまでの、素早い動作が求められます。

 

そういった方向を変えるときの動き方についてです。

 

太極拳は、ゆーっくりですが、

前へ進んだり、後ろへ進んだりを繰り返します。

 

初めて見ると、手の動きに目が行きやすいですが、

何よりも大切なのが、下半身の安定とスムーズな動きです。

 

その、前へ進む動きから、後ろへ進む動きへと切り替えるとき、

太極拳の体重移動の図
赤い部分は、主に体重がかかっているところ 前体重 → 後ろ体重へ

 

これまでの私は、

「エイっ!」って感じで、ちょっと無理やり気味に、後ろへと切り替えていました。

 

本来は、ゆっくりで、スムーズな体重移動が求められますが、

一瞬、力を入れないと切り替えられない感じです。

 

だから、やりにくさというか、

一瞬、遅れるというか、無理な力がかかるような気がしてました。

 

しかし!!

前へ進む動きから、後ろへ進む動きへと切り替えるとき、

 

カラダの軸をわずかに回転させると

後ろへの動きが、流れるようにつながる

というのです。

 

さらに細かくすると、反対方向へ動き出すときは、

  1. 息を吐いて、
  2. ゆるめて、
  3. 沈んで、
  4. 回転すると

スムーズに動けるのです。

 

普通のスポーツでは、ここは一瞬の出来事なので、

なかなか、こんな細かいところまで着目されませんよね。

 

サッカーをしていたときも、何も考えずに「エイっ!」って方向転換してました。

その方が早いと思っているからですよね。

 

もちろん、軸の回転とか、ゆるめるとか、沈むとか・・・

深〜い動き方については聞いたことがありませんでした。

 

でも、どんなスポーツでも、この方向転換の仕方は共通なのです。

 

ゆーーっくりと動いて、カラダが覚えてしまえば、

速い動きの中でも使えるようになります。

 

太極拳は、もともと素早い武術の動き。

しかも、生死のかかった緊迫した状態で行う動きです。

無駄なことしていたら、あっという間に相手にやられてしまいますからね。

 

いちばん無駄がなく、速く動くための方法というわけです。

 

東洋武術には、カラダの動かし方の原点がある

5年ほど前。

カラダをゆるめる、呼吸ストレッチ法を学んだことがありました。

 

空手の師範である、その先生も、実は同じことを言っていました。

 

ストレッチ中に、左から右へと動きを切り替えるときは、

回すようにして、反対へ動きをつなげるんだと。

「スムーズに、流れるように」

「無理な力をかけない」

「筋肉を伸ばしていることを、筋肉に気づかせない」

とも。

 

当時のテキパキ体育教員だった私には、とっても新しい考え方でした。

 

そのときも、

武術って、スポーツ界で一般的に言われていることと、真逆の考え方をしている

と思いましたが、

 

太極拳を学ぶにつれて、

元指導者として、一般のスポーツや運動をしている人に知られていないのは、もったいない!

と思うようになりました。

 

カラダの動かし方は、本当に奥が深い!

 

さらに、武術の動き方は、無駄がないので、

カラダへの負担が少なく、ケガへつながりにくいのです。

 

そんな思いから、現在は、自然派カラダトレーナーとして、

私もこの武術の考え方を取り入れた体操を指導しています。

 

スポーツがもっと上手くなりたいっ!て人ほど、

時間をとって、太極拳を学んでみたり、

武術の動き方を研究してみたりするのもいいと思います。

 

すごーく勉強になるし、今までよりも楽な動き方が見つかるはずですよ。

 

 

そんな暇はない。最短で学びたいって人は、

 

こちらの記事 ↓ もどうぞ。

「自然派カラダトレーナーの しなやかな 動けるカラダの作り方」

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す