カラダを動かす走る

忍者走りのハズが、イカ走り!?腰と背中を使ってランニングしよう

忍者走りとイカ走り画像

こんにちは。

忍者走り、ナンバ走りの実験、第3報です。

 

年末から、外部のランニング教室へ参加したり、

太極拳や体操でカラダの連動を考えたりして、

 

走ることでカラダをゆるめる方法を模索しています。

そんな中、生まれた気づきを書いていきたいと思います。

 

忍者走りは カラダへの負担が少ない

ナンバ走りや忍者走りと言われる、

江戸時代からある走り方は、カラダをひねりません。

 

カラダへの負担が少なく、

何より、腰痛で走れなかった私にも希望の灯が見え始めました。

 

走ることで、腰回りがゆるんでいく感じがするので、

それが気持ちいいのです。

 

ゼーハー言わない程度に、下りの時だけ、走っています(笑)

 

しかーし、

この、古くて新しい忍者走り(もどき)、

普通の人から見ると、やっぱりフシギに見えるらしい。

 

私が公園で走っていたところを、

偶然、昔のサッカーのチームメイトが見かけたらしく、

イカみたいにくねくね走っていたと…

別の友人伝いに聞きました。(笑)

 

イカ走り・・・

 

確かに。

まだ忍者走りというには未完成すぎて、

いろいろ試しながら走っていると、そう見えるのかもしれません。

 

忍者走り(イカ走り)の特徴とやり方

  1. 腕はぶらぶら下げたままで使わない(捨てる)
  2. 足もほとんど意識しない(捨てる)
  3. 腰の反りを使って、上下に跳ねる。
  4. 肩甲骨と背中の筋肉を使って、左右にクネル。
  5. 上下と、左右をうまく使って前へ進む。

 

大切なのは、腰と背中です !!

手足から動かさずに、腰と背中が動いて、
手足に伝わるという順番です。

 

これについては、こちらの記事もお読みください↓

自然派カラダトレーナーのしなやかな動けるカラダの作り方

 

みなさんもぜひ、忍者走りを試してみてください。

私には、4と5がムズカシくて、まだまだイカのままです。

 

最近では、

大阪女子マラソンで3位の安藤友香選手が忍者走りで注目されています。

忍者走りも有名になってきましたねー。

 

何気なく使っているカラダの使い方を、
もっと深く考えるという点でも、

もっと一般の人にも、広まっていくといいですね。

私も、のんびりと、イカ走りを極めていきますよー。

 

 

なんば走り、忍者走りにつながるカラダの使い方に興味がある人は、

こちらの記事 ↓ もどうぞ。

「自然派カラダトレーナーの しなやかな 動けるカラダの作り方」

 

 

なんば走り、忍者走りの実験、第1弾はこちら↓

「注目のナンバ走り、忍者走りは腰ゆる走り?素人が実験してみました」

 

なんば走り、忍者走りの実験、第2弾はこちら↓

「腕振りは、加速につながる?それとも減速? 忍者走りを実験してみました」

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう