カラダを動かす

チコちゃん「子どもは肩が凝らないのは、ムダな動きが多いから」

子どもは肩がこらない

こんにちは。

先ほど、チコちゃんで興味深い内容をやっていました。
見なかった人はぜひ、お読みください。

 

「どうして、子どもは肩が凝らないの??」という質問です。

みなさんも考えてみましょう。

・・・

・・・

答えは出てきましたか??

 

正解は、

 

「ムダな動きが多いから」です。
あ、タイトルに書いちゃいましたね・・・

 

大人になると、あまりムダに動かないけど、

子どもを見ていると、ちょこちょことよーく動きますよね。
寝ている間だって、よく動きます。

動き回る子ども

一つの動きというより、いろいろな部位をあれこれと動かすので、
子どものカラダは、血液の流れがいいのです。

血行がいい → 老廃物がたまらない → 肩がこらない

となるわけです。

 

一方、大人はというと、

デスクワークやスマホなど、動かないでいる時間が長いので、

血行が悪い → 老廃物がたまる → 肩がこる

となってしまいます。

 

今回のキーワードは「姿勢」です。

姿勢の悪い大人
デスクワークやスマホ姿勢など、
頭が前に出ている姿勢のまま、長時間過ごすことで、

同じ姿勢が続く → 筋肉の動きを固まらせる

ことになってしまいます。

 

また、

長時間、同じ姿勢でいると、
それがいちばん楽な姿勢として、筋肉が固まってしまいます。

 

結果として、

同じ姿勢 → いちばん楽な姿勢 → 肩コリが続く

という連鎖になっていきます。

 

寒くなると、肩コリがつらくなるのは?

寒がっている女性

寒いとカラダが縮こまって、筋肉の動きを固まらせるからです。

筋肉があまり動かないので、

血行が悪い → 老廃物がたまる → 肩こり

となるわけですね。

 

赤ちゃんの動きをマネすると肩こりはよくなる?

子どもの中でも、赤ちゃんの動きは

理由や目的のない自然な動きの究極の形。

はいはい赤ちゃん

番組では、むさい男性ディレクターが、

可愛い赤ちゃんの動きを観察しながら、

1時間ほど同じように動いてました。

 

ミルクを飲ませてもらう場面は、見るに堪えない絵面でしたが…

 

その赤ちゃんのマネをする前後で、肩周りの筋肉の硬さを測定。

赤ちゃんのマネをしたディレクターの肩こりは
明らかに、和らいでいました。

 

子どもや赤ちゃんのような 自然な動き に注目!

子どもや赤ちゃんのように、

同じ姿勢をとらず、自由に動くことは、

血行がいい → 老廃物がたまらない → 肩がこらない

という、いいサイクルを作ります。

 

つまり、いつも自然な動きをしているカラダは、

肩こりなどが起こらないカラダ

ということになりますね。

 

子どものように落ち着きのない様子は、

良識ある社会人(大人)では、なかなかできませんが、

たまにこっそりやるのは、とてもカラダにいいってことです。

 

SORAMARUは、最近、

人前ではちょっと恥ずかしいような

自然な動きを引き出す調整法に、積極的に取り組んでいて、

気づくと、カラダが動いてしまっています。

 

そして、カラダは、今までになく絶好調です!

 

気になる方は、ぜひ、こちらのページから、
落ち着きのないSORAMARUの動き(ぐるぐる重心調整)をご覧ください。

 

一緒に、落ち着きのない、大人になりましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す