目指すは、ネコ!
しなやかな 動けるカラダの作り方

ジャンプするトラの画像

SORAMARU CONDITIONING が目指すのは、

ネコのような、しなやかに動けるカラダです。

これについて、詳しく説明していきます。

 

みなさんは、

  • イスから立ち上がる時、
  • 走る時、
  • ボールを投げる時、
  • 怒って誰かをパンチする時、

カラダのどこから動き始めますか??

 

・・・

 

 

手や足ですか?

それとも、考えたこともない…ですかね。

 

実は、現代人の多くが、カラダを動かすときに

手や足が先に動いています。

 

無意識のうちに、そういう動きが染み込んでいるのです。

 

そうすると、

手・肘・肩や 足・膝などの末端ばかりが動かされ、

その部位の 筋肉 や 関節が疲労し、

結果、痛みが出たり、故障したりします。

運動している人や、仕事で同じ動きを繰り返す人はそうなりやすいですね。

 

では、どうすればいいのでしょうか?
(他にどんな動き方があるっていうんだ?)

 

カラダ全体の連動のちからを使おう!

例えば、

100の力を出すのに、2つの筋肉を使っていたら、

50ずつ出さなくてはなりません。

 

でも、100個のパーツで動かしたら、

1ずつ出せばいいのです。

 

2個のパーツで動かすのと
100個のパーツで動かすのでは

どちらがかかる負担が少ないでしょうか?

 

 

答えはお分かりですね。

100個のパーツで動かした時のように、
力を分散させ、小さい労力で大きく動かすことが大切なのです。

 

しかし、現代人のほとんどの人は、

正しいカラダの動かし方を忘れてしまっています。
そして、それに気づいていないまま毎日を過ごしています。

 

そんな私も、つい数年前までは、

歩くとき、走るとき、ジャンプするとき、

足首の力だけをつかって動いていました。

クイ、クイッと。

 

足首だけで、いつも100の力を出していました。

 

小さいときからこの動き方なので、足首には大きな負担。

さらにサッカーで何度も足首を捻挫して、足首はグラグラ。

それでも、その足首の力だけを使って動いていました。

 

カラダには、大きな筋肉がたくさんあるのに、

それらを全く使わずに、ほんの一部だけで動いていたことになります。

 

当然、故障の原因に・・・。

 

では、しなやかの代表選手、ネコはどうでしょうか?

ジャンプするトラの画像

この瞬間、ネコは、

ただ前足を前に伸ばしているだけじゃありません。

 

腰からスタートして、背中や首の筋肉まで連動させて、

その力を後ろ足に伝えて、ジャンプしています。

(ま、後ろ足は、写っていませんケド・・・ね)

 

これと同じことが、人間にも当てはまります。

 

カラダには、動かす順番があります

それが、

ジャーン!!これです。

カラダの動く順番

① 腰 → ② 背中 → ③ 首 → ④ 肩

→ ⑤ 肘・膝 → ⑥ 手首・足首

→ ⑦ 手先・足先

 

よーく見てください。

多くの人が、一番先に動かしている手先・足先は、

実は、一番最後に動くべきところなのです。

 

この正しい順番をカラダに教えることが、

しなやかなカラダづくりには欠かせません

 

これが、動けるカラダづくりの基礎です。

 

太極拳などの東洋武術の世界では、これを勁力(けいりょく)と言います。

 

勁を使える達人は、

小さなお年寄りでも、筋肉ムキムキの人を簡単に突き飛ばしてしまいます。

 

太極拳では、一動全動(いちどうぜんどう)」という、カラダの使い方を大切にしています。

 

一つが動いたら、全部が動くという意味です。

 

例えて言うと、

カラダの真ん中の歯車が動き出したら、

近くの歯車が連動して、どんどん末端の歯車へと動きが繋がっていく

感じでしょうか。

 

しかし、頭で理解しても、カラダを順番通りに動かすことはなかなか難しいでしょう。

今までの動きが染み付いていますからね。

 

そこで、
ある体操を繰り返すことで、新しい動きに書き換えていきます。

 

正しいカラダの使い方を、骨、筋肉、神経…などに

教えるための体操です。

 

身体能力アップコースでは、

カラダの不具合を少しずつ改善していくとともに、

カラダを動かす順番をカラダに教え、連動しやすいカラダを目指していきます

 

ネコのような、しなやかに動けるカラダ、

一緒に目指してみませんか?

 

あなたも

今より楽に走れるようになったり、

スポーツのパフォーマンスを向上させたり、

子どもと走り回ったり・・・も夢ではありませんよ。

 

 

興味がある方は、

こちら↓の

身体能力アップコースへどうぞ