ココロを整える

自信をつけるにはどうすればいい?いろいろな経験、それとも自分と向き合う?

弱った木と健康な木の絵

こんにちは。

今日は、スペシャルな経験がココロや自信に与える影響について、

最近感じたことを書いてみます。

 

 

私は以前、

多くの外国人と、日本人でも海外経験がある人ばかりという職場にいました。

みなさん、個性の強さはハンパないです(笑)

 

私自身は、大学卒業後(かなり昔に)、

青年海外協力隊でジンバブエに2年間おりました。

 

また、職場を辞めた後、

世界の大自然を肌で感じたくて、半年ほど世界半周の旅をしてきました。

 

若い頃の海外経験と、社会人を経験してからの海外は、

見る視点が大きく異なり、半年でもかなり大きな学びにつながったと感じていました。

(旅の様子はこちらの↓

「ちきゅうとあそび隊」ブログでいろいろ書いています)

 

 

スペシャルな海外経験が自信につながる?

 

最近、

ある友人が2年間の海外生活から帰ってきました。

偶然会う機会があり、その時の印象が、

Σ(゚д゚lll)??という感じだったのです。

 

あまりに、違和感を感じたので、

私なりによく考えて、分析してみました。

最近は、こういったココロの分析が結構好きです。

 

アフリカでの2年間。かなりスペシャルな体験です。

彼女にとって、大きな自信になったことは間違いありません。

しかし・・・

 

嫌いな自分の内面に向き合って来ず、

ずっとフタをして生きてきた彼女は、

まるで、「根っこが弱っているグラグラした木」でした。

弱った木の絵

 

その状態で、自信をつけ、強くなって帰ってきました。

 

まるで、「グラグラした木を、コンクリートで固めた」ように感じられたのです。

コンクリートに守られた木の絵

帰国直後のギャップで、不安定だったのかもしれませんが、

周りの人とのコミュニケーションの内容が、

コンクリートによって、入っていかなくなった感じです。

 

ココロがさらに複雑にねじれてしまったようで、

話もあまり噛み合いませんでした。

 

 

経験は、どんなココロの状態するかで、決まる

 

彼女にとっての海外経験は、自分を守る壁をさらに厚くしたのです。

こうなってしまうと、周りの意見を聞くことも、

彼女の本音を聞くことも、相当難しそうです。

 

そんな彼女を分析してみて、他の元同僚たちにも

海外経験をすごく自分の盾(コンクリート?)にしていた人が何人か思い浮かんだのです。

盾を持った兵士の絵

そんな人ほど、自分の非を認めない、

周りとあまりうまくいってない人でした。

同じように、守りは鉄壁で、周りの意見は聞きません。

気づいていないけど、攻撃力が高い人もいます。

 

そんないろいろな人を思い浮かべて、気づいたことは、

 

不安なココロに自信をつけるのは、

スペシャルな経験ではないということ。

 

ココロの状態、ココロの在り方によっては、

素晴らしい経験だって、気づきも学びも得られない。

 

なんて、もったいない!って思ってしまいます。

 

スペシャルな経験から、

貴重な学びや気づきを得て、成長に生かすためには、

まず、

グラグラした弱々しい木を、
健康で丈夫な木にすることが重要なんですね。

弱った木と健康な木の絵

 

そのためには、やっぱり、

  1. 自分自身と向き合うこと
  2. 自分のダメなところを認めること

ここが非常に大切だってことが改めてわかりました。

 

自信は、

グラグラした木を、健康で丈夫な木にすることで、

内面からじーんと生まれてくるものなんです。

健康な木と元気な木の絵

 

「悪いのは私じゃない!」と他の人を攻撃している人

「どうして私ばっかり」と被害妄想的な考え方の人

 

は、なかなか、自分自身から目をそむけがち。

 

怖がらないで、自分のココロに目を向けてあげましょう。

 

そこからがスタートです。

ふわっと軽くなり、内側からの自信で健康な「ココロの木」を育てていきましょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す