カラダを整える呼吸

気功のスーパー呼吸法「逆腹式呼吸」で、ダイエットと健康増進

こんにちは。

今日は、太極拳のときに行う、逆腹式呼吸についてのお話です。

 

太極拳を始めて、1年と少しが経ちました。

 

水曜日と木曜日、市民講座の太極拳にせっせと通っております。

最近の友達は、年上の方々ばかり(笑)

 

木曜日の講座は、健康増進を中心にした指導スタイルで、

長めに柔軟体操をしたり、

よく呼吸法の時間をとったりして、大好きな時間なのです。

 

カラダを鍛える太極拳と、ココロを鍛える気功(呼吸法も含まれます)。

中国では、太極拳と気功は、いつもセットです。

 

腹式呼吸と逆腹式呼吸のちがい

 

太極拳のときにいつも行う呼吸法は、逆腹式呼吸というもの。

腹式呼吸は、みなさんよく知っている通り、

腹式呼吸の絵

  • 吸う時に、お腹を膨らませる
  • 吐く時に、お腹を凹ませる

ってやり方です。

 

寝る時に、たいていの人が自然にやっている呼吸方法です。

普通に呼吸するよりも、深く呼吸できるので、

健康に良い呼吸として、よく知られています。

 

ゆるポカ部の体操でも、腹式呼吸をしながら、体操をしています。

 

しかし、逆腹式呼吸は、

さらに健康増進にいいと言われている呼吸法です。

 

腹式呼吸の逆なので、

逆腹式呼吸の絵

  • 吸う時に、お腹を凹ませる
  • 吐く時に、お腹を膨らませる

というやり方です。

 

普通の腹式呼吸に慣れている私には、

逆にするのが結構ムズカシイのであります・・・。

 

やってみると分かりますが、

息を吸う際にお腹を引っ込めるため、
   ↓
お腹周りに力が入り、
   ↓

内臓やお腹や背骨まわりの筋肉をより積極的に動かす
   ↓
内臓やインナーマッスルが活性化される、と言われています。

 

つまり、お腹周りのダイエットが期待されます。

 

また、

この逆腹式呼吸をすると、

   ↓

脳内にα波(瞑想状態の脳波)が生まれ、

   ↓

生命エネルギーである「気」が活性化

   ↓

ストレスをやっつけるホルモン、セロトニンが分泌され、

   ↓

ナチュラルキラー細胞の活性化、免疫力が上がる

というメリットがあると、

太極拳の先生が話していました。

 

 

呼吸法で自律神経を調節しよう

 

ゆっくり長〜く息を吐くことで、

副交感神経が活性化され、リラックス効果が高まります。

 

毎日、忙しくて、交感神経に偏りがちな日本人。

 

自律神経のバランスの崩れは、いろいろな不調や病気のモト。

 

誰にでもできる呼吸法で、それが改善できるなら、やらない手はないですよ。

のんびり、ゆる〜く、健康になりましょう。

 

 

太極拳は週3日、呼吸法は毎日!

 

先日の練習で、先生は、

呼吸法についてかなり熱く語っておりました。

 

「太極拳の練習は週3日やりましょう」

そして、

「呼吸法は、毎日10〜20分してくださいね」と。

 

毎日、10分。

足は肩幅に開いて、しずーかに逆腹式呼吸。

 

カラダだけでなく、ココロもかなり整いますね。

みなさんも、ぜひ、やってみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す